医療法人社団 新生会 南東北第二病院

ご挨拶




 平成23年3月11日午後2時46分、東北地方を襲った東日本大震災によって、旧・保科病院は全壊の被害を受け、診療を継続することが不可能となってしまいました。しかし、南東北グループの心温まるご支援とご厚意により、廃院という最悪の事態をまぬがれ、震災からわずか4か月後の平成23年7月1日には医療法人社団新生会「南東北新生病院」として病院を再生し、仮設病院での診療を再開することができました。
 さらに、2年が経過した平成25年7月には地上4階建ての新病院が完成し、理想的な医療環境のもと、地域医療に貢献すべく新たな一歩を踏み出すことができました。

 震災直後はもとより、仮設病院の期間は、郡山地区の病院や医院、医療関係者の皆様には大変お世話になりました。地域の皆様の温かいご理解ご協力も賜り、2年間つつがなく診療を続けさせていただくことができました。本当に心から感謝申し上げます。

 新病院では、従来の一般病棟と医療療養型病棟に、新規に回復期リハビリテーション病棟も加えた新たな診療体制によって運営いたしております。

 これまでは亜急性期や慢性期の患者さんを中心とした診療や療養を行ってまいりましたが、今後は回復期リハビリテーションも診療の大きな柱として力を入れていく所存です。

 明るく清潔でゆったりとした空間を確保し、入院された皆様全てが安心して治療やリハビリテーションを受けられるよう、職員一同力をつくしております。

 回復期リハビリテーション病棟は、主に脳卒中や骨折術後の患者さん等が対象になります。
 リハビリにより、患者さんがどんどん元気になられるお姿を毎日拝見できることは、私たちにとって何よりも嬉しく思うところです。リハビリスタッフや看護師はじめ当院の職員も意気盛んです。希望に満ちた、元気で明るい医療、リハビリの空間を継続して提供してまいる決意です。

 急性期の医療が必要となった場合にも、南東北グループの中核医療施設である隣接の「総合南東北病院」さんと連携し、高度かつ専門的な医療も速やかに受けることができる環境を整えております。

 
  「全ては患者さんのために」

 私たちはこの院是を深く胸に刻み、さらには患者さんやご家族の「心に寄り添う医療」を提供してまいります。
 患者さんの身体だけではなく、心の痛みも理解し、共感しながら、明日に向かって一歩を踏み出すお手伝いをしたいと願っております。

 福島県が震災と原発事故から立ち上がるにはまだまだ時間が必要でしょう。しかし、文字通り「新生」した病院として、元気な姿をお見せすることが震災復興のお役に立つとすれば、これに勝る喜びはありません。
 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

平成26年1月吉日

 

医療法人社団 新生会 南東北新生病院 院長 松本 秀一

 

Return Top